MENU

グレーゾーン金利とは?撤廃と過払い金請求

 

過払い金とは、支払いすぎているお金のことです。
昨今ではもっぱら、キャッシングやカードローンにおけるグレーゾーン金利での利息の支払い分を示す言葉として、使われています。
(現在行われている融資では、撤廃されているため発生しない)

 

グレーゾーン金利とは、出資法と利息制限法のそれぞれの上限金利の差のことです。
具体的には、出資法では29.2%、利息制限法では10万円以上100万円未満の借り入れに対しては18.0%、100万円以上の借り入れに対しては15.0%と、上限金利が決められています。

 

出資法の上限金利の方が、利息制限法の上限金利よりも高いのですが、この差がグレーゾーン金利なのです。

 

そして多くの金融機関では、出資法の上限金利による貸金サービスをおこなっていました。
その方が、金利が高い分、利息による収入を多く得ることができるからです。

 

しかし最高裁判によりグレーゾーン金利撤廃、過去に遡ってこれを認めないという判決が下されました。
そのため金融機関では、利息制限法の上限金利で貸金サービスをおこなうようになりました。

 

そして、かつて出資法の上限金利で返済をしていた人には、グレーゾーン金利による利息の支払い分を、過払い金として返すようになりました。
CMでもよく聞く、「払い過ぎた利息を取り戻せます」という奴です。

 

過払い金は、債務者側から金融機関に請求しなければ返還されません。
黙って待っていても、帰って来ないのです。

 

そのため多くの人が、過払い金請求を金融機関に対しておこなっています。
また、弁護士や司法書士などの法律事務所も積極的に告知して、消費者の行動を促しているのです。

 

過払い金の返還には期限があります!
くよくよ悩んでいる間に請求権が無くなってしまったら悔やんでも悔やみきれませんよね。
権利を失ってから後悔しないように、なるべく早くプロの法律家に相談してみましょう!

 

過払い金請求