MENU

過払い金請求を自分でするには?

 

「過払い請求の手続きは、お金をかけない自分で行っていきたい」と考えている方もいると思います。

 

弁護士などに依頼すれば、費用がかかることになりますから、せっかく取り戻した過払い金も費用で消えてしまっては意味がありませんからね。

 

しかし、自分で手続きを進める際にはデメリットもあります。これらのデメリットも理解した上で、手続きに進めることが大切となるでしょう。

 

では、自分で手続きを行う際のデメリットについて、ご紹介しましょう。
過払い金請求の手続きは、当然はじめておこなう方が多いと思います。

 

そのため、調べながら、確認しながら進めていくことになり、時間がかかってしまうというデメリットがあります。

 

中には、「すぐに、お金を取り戻せるだろう」と思っている方もいると思いますが、手続きには知識な慣れなども必要ですから、時間がかかることは覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

また、借入利用時に家族などに内緒で利用していた方もいると思いますが、過払い金請求の手続きを進めていくことで、家族に借入をしていたことがばれてしまう可能性もあります。

 

書面などは、自宅に届くことになりますから、郵便などで知られてしまう恐れがあります。

 

そして、素人が手続きを進めていくことで、利用業者は強気な交渉を行ってきますから、和解金額が定額を提示してくることもあるでしょう。

 

このように、過払い金請求は自分で手続きを行っていくことが出来ますから、様々なデメリットがあります。利用業者の強気の交渉にも対応するためには、知識を入れておくことも大切となるでしょう。

 

過払い金請求の手続きの流れ

 

「自分で過払い請求の手続きをする際には、どういった流れで手続きを進めたら良いのだろう?」と思っている方も多いと思います。
やはり、手続きを行う際には、流れを知っておくことが大切ですよね。
では、自分で過払い請求を行う際の手続きの流れについて、ご紹介しましょう。

 

まず、過払い請求を行う際には、利用業者に取引履歴請求を行っていくことが必要となります。
自分で利用していた業者ですから、ある程度の内容は書類を紛失していても、覚えていると思います。

 

記録郵便などを使い、発送日が分かる状態で依頼を行う様にしましょう。
1カ月程度で、利用業者から取引履歴の書類が届くことになります。

 

書類が届いたら、実際の取引内容を確認し、どのくらいの利息を支払っているか、確認していきましょう。
過払い金があると分かれば、そこから利用業者に過払い金請求の手続きを行っていくことになります。

 

過払い金請求を行えば、利用業者との交渉を行っていくことになります。
この時、自分が提示する金額をそのまま受け入れてくれることは少ないと考えた方が良いでしょう。

 

利用業者は、当然支払いたくないと思っていますから、低額を提示してくることもあります。
この時、納得いかなかった場合には和解せず、裁判へ進めることとなります。

 

和解されれば、和解交渉となりその後過払い金が返金されることになります。
裁判へ進んだ場合には、裁判所で交渉が行われることになり、和解交渉へと進められます。

 

過払い金の計算

 

自分で過払い金請求を行う際には、全て自分で行っていくことが必要となります。
当然、どのくらいの過払い金があるのかなども、自分で計算していくこととなります。
しかし、「どうすれば、過払い金の計算が出来るのだろう?」と思っている方もいるでしょう。

 

普段は、あまりこういった計算などはしませんから、「計算方法が分からない」という方もいるでしょう。
また、計算方法が分かっていても、「難しくて、分からない」という方もいるかもしれませんね。
では、過払い金の計算について、ご紹介しましょう。

 

過払い金の計算をする際には、より正確な数字を出していくことが大切。
万が一、裁判などになった場合には、しっかりと金額を把握しておくことが必要となります。
そんな時に便利なのは、正確な過払い金が算出できる計算ソフトを利用すること。

 

まず、計算をする際には、エクセルを使える環境であること、過払い金計算ソフトを準備すること、利用業者と取引履歴を準備することが必要となります。

 

ソフトを利用すれば、書かれている通りに数字を入力していくことで、簡単に過払い計算を行うことが出来ます。

 

インターネットのサイトでは、これらの計算を行ってくれるサービスがあるサイトもありますから、こういったサイトを利用していくと便利ですよ。

 

これらのソフトが使えない場合には、弁護士事務所などで無料で行っている過払い金の計算をしてもらうと良いでしょう。
このように、自分で過払い金請求を行う際には、金額の計算も自分で行っておくことが必要となります。

 

過払い金請求時の賃金業者への対応

 

利用業者に過払い金請求を行った場合、弁護士などに依頼した場合には弁護士が変わって利用業者と交渉を行っていくことになります。
しかし、自分で手続きを行う際には、この交渉も自分で行っていくことが必要となりますので、下準備を行っておくことも大切。

 

では、賃金業者への対応について、ご紹介しましょう。
利用業者と過払い金請求の和解をするためには、交渉が必要となります。

 

「必要のない費用を払っているのだから、その分はスムーズに戻ってくるだろう」と思っている方も多いと思いますが、利用業者では依頼通りの過払い金を戻すとは限りません。

 

特に、最近では支払った全ての過払い金を返還している業者は少なくなっています。
当然、利用業者も仕事として行っているわけですから、少しでも利益は減らしたくないと考えていますからね。

 

利用業者も弁護士相手であれば、それなりの対応を行ってくるでしょう。
「プロに対抗しても、勝てないだろう」と判断することが多いと思います。

 

しかし、自分で交渉を行う場合には、利用業者も「相手は素人だから、何とでもなるだろう」と強気の交渉を行ってきます。

 

時には、正当な額よりもはるかに低い金額を提示してくることもあります。
当然、満額取り戻すことが目的となっていすから、こんな時は毅然とした対応を行っていきましょう。

 

このように、自分で過払い金請求の手続きを進める際には、交渉も全て自分が行うことになります。
交渉をする際には、毅然とした態度で立ち向かっていくことも必要となるでしょう。

 

電話による過払い金請求交渉

 

過払い金請求を行った場合には、利用業者からこれらの内容について電話などが来ることがあります。
利用業者としては、出来るだけ支払いをしたくないですから、様々な手を使って交渉をしてくるでしょう。
では、過払い金請求時の電話による交渉について、ご紹介しましょう。

 

過払い金請求の書類が利用業者に届いたら、利用業者ではその内容を確認し、少しでも業者に負担がかからないようにと、様々な交渉を行ってくることになります。

 

しかし、過払い金請求をするということは、満額で取り戻すことが正当な権利となっていますから、交渉をしっかりと行っていくことが必要。
中には、「すぐにでもお金が欲しいから、戻ってくるのであれば、満額でなくても良い」と思われる方もいるでしょう。

 

そんな時には、和解となり、すぐに過払い金入金へと進められることになります。
和解が成立すれば、あなたが指定した口座に、過払い金が戻されることになります。

 

しかし、交渉額に納得がいかない場合には、和解をせずに裁判所で過払い金返還請求訴訟などを行っていくことになります。

 

訴訟を起こす際には、訴状や証拠説明書、取引履歴、計算書、登記簿謄本などの書類が必要となります。
訴状は、インターネットからもひな形がダウンロード出来ますから、簡単に作成することが出来ますよ。

 

このように、過払い金請求を行うと、利用業者から電話が来て、様々な交渉が行われることになります。
交渉時、納得いかない場合には和解する必要はありませんので、訴訟へと進めていきましょう。

 

 

過払い金の返還には期限があります!
くよくよ悩んでいる間に請求権が無くなってしまったら悔やんでも悔やみきれませんよね。
権利を失ってから後悔しないように、なるべく早くプロの法律家に相談してみましょう!

 

過払い金請求