過払い金請求 リスク

MENU

過払い金請求にリスクはある?

 

過払い金請求をして、お金を手元に戻したいと思っている人もいるのではないでしょうか。
テレビなどのCMでもやっていますよね。

 

しかし過払い金請求という手続きを取ると、その情報が個人信用情報の載るリスクがあるからやりたくない場合もあるでしょう。
いわゆるブラックリストに載るリスクというのは、是が非でも避けたいものです。

 

ただ、2010年以降に過払い金請求をしてお金を取り戻せた場合、個人信用情報に登録されることはありませんので安心してください。
金融庁が正式に「返還請求の有無は信用情報に当たらない」という方針を示して以後、ブラックリストの載るリスクはなくなっています。

 

ですから、リスクで悩むことなく弁護士に相談して手続きを行ってください。

 

しかし1つ注意点があります。
過払い金請求をおこなって、今までの借金と相殺されてもなお返済金が残っている場合は、個人情報機関にその旨が登録されます。
いわゆる債務整理と同じことになって、ブラックリストに載ってしまうのです。

 

すでに完済した後だったり、返還請求したことで借金がなくなり、お金が戻ってきたというケースでは、個人情報として登録されません。
さらに払い過ぎた利息が戻ってきたのに、万が一個人情報に載っている場合は、申し出て取り消しすることも可能です。

 

リスクが心配な人は、個人情報機関にデータを開示して貰って確認してみましょう。

 

尚、過払い金返還請求の対象となった業者においては、独自の情報として過払い金請求の手続きをしたことがわかることもあります。
いわゆる社内ブラックリストというもので、この対象の会社では、今後は借入できないリスクがあります。

 

もちろん会社によって方針が違うので、過去に利息変換の履歴がっても、貸付OKという会社も中にはあります。

過払い金請求には時効があるので、払い過ぎた利息を取り戻したいなら急ぐ必要があります!

更に言うと、金融会社側が素直に利息返還に応じてくれるわけではありません。

過払い金請求のプロである、弁護士・司法書士に相談することをおすすめします!

過払い金請求の計算と無料相談